産後のダイエットに関する知識

産後のダイエットに関する知識

産後ダイエットはいつから?

産後ダイエットはいつからはじめたらいいのでしょう。出産後、体重が元にもどらない、体重が増えていく。と悩んでいるママはたくさんいるようですね。
出産後はカラダも疲れていて母乳のでる具合にも影響してきますので、断食や運動などの方法はおすすめできません。

 

産後のひだちといって、出産後に無理をすると年齢とともに体調が悪くなると昔からの言い伝えがあるようです。産後しばらくは運動は控えた方がカラダのためにはいいのですが体重やついてしまった脂肪を落とすのは産後6ヶ月以内と言われています。6ヶ月、一年とたってしまうと、ついた脂肪が落ちにくいので、いつからと聞かれると出産後すぐからスタートしましょう。出産後は横になったままのストレッチ運動。軽く引き締め運動からはじめてゆがんだ骨盤などを正常な位置に戻す運動をします。
カラダも回復する1ヶ月頃から本格的にダイエットスタートしても遅くはありません。このようにいつから産後ダイエットをスタートしたら効果的に痩せる方法は産後すぐから6ヶ月以内が理想です。

 

 

赤ちゃんと一緒にダイエット

産後にもとに戻らない体重は食事制限もできない授乳中はダイエットは難しいですね。でも、赤ちゃんと一緒にできるダイエットもあるのです。

 

この方法は出産後すぐにできる方法です。産後1週間はカラダを休めた方がいいので、一週間後、ちょうど赤ちゃんと家に帰れるぐらいから始めることをおすすめします。いくつか方法を紹介します。・赤ちゃんの添い寝をしながらストレッチです。カラダは横向きの場合、片足をスローで上にあげおりてきます。片足ずつしてください。上を向き同じように上下スロー運動をします。数は気にしなくていいです。

 

添い寝する度に片足ずつストレッチすれば太もも、腹筋が引き締まります。・だっこしながら後ろに同じように運動すると前側の太ももの筋肉とヒップアップに効果があります。赤ちゃんを抱っこしてお話しながらスクワット。全身引き締まります。このように、赤ちゃんと一緒だからできるダイエットもあることがわかっていただけましたか?もちろん、間食などは禁物です。ダイエットしても食生活がゆるければ痩せることはできませんからね。赤ちゃんと一緒に産後ダイエットは今しかできません。楽しみながらダイエットしましょう。

 

腰回りに効くダイエット運動

産後ダイエットでとくに気になる部分は腰回り。大きくなったお腹も産後伸びきった状態。このたるみを早く元の体型にもどしたいのが1番の悩み。どうしたら引き締まるのでしょうか。お約束は骨盤ベルトです。産婦人科にも売ってたり、通販かショップにも売ってますので産後なるべく早く骨盤を元の位置に戻しましょう。骨盤を元の位置にもどすことで自然と腰回りは改善されます。骨盤ベルトは赤ちゃんにあわせ台形に開いてしまった骨盤を三角形にもどしてくれます。元にもどったとこで腰回りを引き締める運動をはじめましょう。よく効果があると言われている運動は腰回しです。くびれで話題になったお笑いのくわばたりえさんのヤーナリズムは効果的です。腰を左右に前後に回す運動をテレビを見ながら、家族でお話しながら、好きな時間に好きな回数だけぐるぐる回すだけで腰回りが痩せるのは本当です。かなり効果がありますので、遊び間隔で試してみるのもおすすめします。

 

部分やせの知識はこちらから。

ふくらはぎの部分ダイエット法

 

授乳中のダイエットはいいの?

妊娠中は赤ちゃんお腹にいるので体重は増えていきます。でも、出産しても体重がすぐに減ることも元の体型にもどることもありません。産後はとくに赤ちゃんのお世話で精神面でも体力も使います。
また、栄養もとらないと母乳に影響してきます。授乳中のママはとくにダイエットには注意しなければいけません。出産後、体重がなかなか落ちないと神経質しなっているママは多いようですね。

 

授乳中だからダイエットしたら母乳に影響するのじゃないかなーと思っているんじゃないでしょうか。人生の中で妊娠中と授乳中が1番健康で体調も良いと言われています。妊娠中、授乳中は自分のことより赤ちゃんによい食材を考えます。
自然と食事のバランスがとれてその間は健康なのです。このことから授乳中は健康に無理なくダイエットができます。
母乳にいい食生活を心がけますね。逆に母乳に悪い食材はなるべく避けるようになります。母乳にいい食生活とちょっとしたストレッチで授乳中だからこそ母子とも健康なダイエットができるのです。

 

 


 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ